昔から顎の調子が悪く開閉時に音がなっていたが朝から口が開かなくなった(20代女性)

診断

検査の結果、首周囲の組織の異常があり、あご周囲の異常も相当なものでした。

治療

まず胸郭上口と首周囲の組織異常を調整、その後あごの開閉のみの調整に焦点絞り、一回目の施術を終了。2回目の診察時、肩周りがらくになり、あごの開閉が半分ほどになったけど、まだ痛むと訴える。2回目も開閉の調整に重点おきおこなう、三回目に3分の2ぐらいまで開閉可能になったので、あご周囲の異常な組織の整復に取り掛かる。四回目には完全開閉するも、ブレが残り若干の痛みも残る。五回目には痛みが治まり音も少なくなる。後数回の施術で完治する。