バスケット中に足首を繰返し捻ってしまう女子高校生

足関節捻挫後に繰返し捻挫をしてしまう人がいます。よく世間話で「くせになってい」という言葉を聞いたことがあると思います。整形外科に受診した人は「足関節不安定症」と言われた人もいると思います。しかし、実態は治せていない組織があるから、捻挫を繰り返してしまいます。

診断

この患者さんは、別の病院で靭帯が緩んでいるからテーピング固定するように言われていました。
実際見てみると、靭帯の完全断裂はなく、逆に固定により関節可動域の低下が見られました。要するに、関節が固まってしまっていました。常識では捻挫イコール固定なので仕方ありませんが、理論的には、固定は治癒を長引かせるだけでなく、治らなくなる可能性もひめています。ですから、固定を完全にやめてもらうよう指示しました。

治療

固まった関節や他の組織の異常の治療に取り掛かりました。相当こじらせていたので、治療期間がかかった症例でした。しかし、完全に症状は取れスポーツを楽しんでいます。