膝の曲げ伸ばしの際にゴックンとなり、後に激痛が走る(50代女性)

50代女性、何年か前から、膝を曲げ伸ばしする際、ゴックンとなる。一週間前、トイレから立ち上がる際、激痛が走り近くの整形外科に行き骨折はしていないといわれ、何もしてもらえなかったと言い訪れる。(松葉ずえをついて来院)

診断

検査では、ロッキング症状や半月板症状があり、十字靭帯には異常が見られなかったが、MRI検査を進める。

治療

症状をだしている壊れた組織を調整、一回目の治療で引っかかっていた膝を開放し、痛みはあるもびっこでの歩行可能となる。2回目、MRIの検査結果で異常はないと判明、痛みは依然あるも、びっこで歩行可能、さらに整復術を施す。10回ぐらいで、日常生活では支障がない程度まで回復。その後、弾発現象の施術を一年間続け、消失した。