三角骨症候群 概要と早期回復

足関節後方(アキレス腱炎と間違われやすい)に痛みを訴える疾患の中で、距骨後方に三角形の副骨がレントゲン上に写れば、この三角骨障害だと診断されます。
徒手整復療法では、三角骨や距骨後突起の突出は一次障害に含まれる為、三角骨などによるインピンジメント障害だとは考えていません。
よって、痛みを起こしているものは、急性(捻挫をきっかけに発症したもの)であれ慢性(バレーやサッカーによる)であれ、組織の変位現象だと考えられます。

診断

治療

徒手整復療法である触手法と圧迫法をおこなうことにより完治できる疾患だと考えられます。現在、一症例を経験しましたが、1回の治療でほぼ痛みが取れ、2回目の治療で完治致しました。