腕の痛み (病名がわからない人や痛む人はこちらをクリックしてください)

腕の痛みには、外傷やスポーツ障害、頚椎ヘルニア、胸郭出口症候群、テニス肘、野球肘、肘部管症候群、五十肩など多くは中枢側が現因で痛みが発症します。外傷歴やスポーツ障害の記憶がない人は、肩から痛むのか、肘から痛むのかで現因が変わってきます。肩であればその項目を参照してください。肘であればその項目を参照ねがいます。

診断

上記の中の外傷やスポーツが現因のものと、原因不明の症例にここでは的を絞ります。

治療

痛みの症状を出している組織を捜しだし、整復していきます。外傷においても固定はせず、整復することで早期に回復せしめます。