もものしびれ(病名がわからない人や痺れる人はこちらをクリックしてください)

分類すると、前側、後ろ側と横の部分に分けることが出来ます。これらの現因には、腰椎椎間板ヘルニアや脊椎管狭窄症などの病気や坐骨神経痛に特徴的な症状もこれにあたります。

診断

腰椎椎間板ヘルニアや脊椎管狭窄症、それ以外なのか、判定していきます。

治療

腰椎椎間板ヘルニアや脊椎管狭窄症については、サイト内検索で呼び出し参照してください。
その他、坐骨神経痛や現因不明のしびれなどは、組織の変位現象や絞厄性神経障害の為に起きている症状です。絞厄性神経障害は組織の変位現象より引き起こされています。ですから、この変位現象を治すことにより、絞厄解消させ、二次的発症を防ぎます。組織の変位現象のみの症状は直接しびれを起こしている組織に施術を加えます。