花粉症 手技的理論と治療法

花粉症はアレルギー性鼻炎の一部で、花粉により発症します。

アレルギー性鼻炎はくしゃみ、水性鼻漏、鼻閉を3主徴として目、皮膚、咽喉頭や全身症状も随伴するときもあります。(花粉症はこれにアレルギー性結膜炎、気管支喘息の症状も見られることもあります)

診断

問診、視診、触診、動診などをおこなう。腫瘍、髄膜炎、結核などを除外する為検査をして貰います。

治療

肩から頚、頭の組織の異常を見つけ、触手法や連筋法、連動法などを使い正常な組織に整復していきます。

*花粉症の場合は、年間を通して花粉が飛ぶ時期(この時期だけ症状が出る人)の3ヵ月ぐらい前からの施術が必要です。
*花粉の飛散が多い場合は、防御が必要です。専用マスクや専用メガネ等を積極的に活用してくださ。洗濯物は室内で、室内に入る時ははたいて入りましょう。