自律神経失調症とは? その治療法

自律神経とは、脳から始まる神経の中で、全身の広がる神経の中の運動神経ではない、自分ではコントロール出来ない神経をこう呼びます。自律神経は2つからなり、1つ目は交感神経、2つ目は副交感神経と呼ばれています。
自律神経失調症或は不安定症は、とくに異常が体に見られないにもかかわらず症状が出るものに関してこの病名が付けられるようです。
症状は、全身倦怠感、頭痛、頭が重い、のぼせ、冷え症、寝汗、動悸、息切れ、めまいなどです。
神経症状を訴える人で上記の自律神経に関わる症状がある場合もここに入るようです。神経症状としては、緊張やうつ、不安など。

診断

原因不明の自律神経失調症の患者さんだけ治療対象とします。
更年期障害による症状も治療対象とします。

治療

患者さんの症状により治療する順番や方法が違います。
*注意:原因不明の病気なので、くすりとの併用治療は行ってません。