踵骨骨端炎(セバー病) 原因と早期回復

踵骨の骨端核の骨化障害で痛みが出ていると言われています、しかし痛みの原因は組織が正常に活動しなくなったためにおこる痛みです。(レントゲンで写るものは痛みの原因ではありません)。男子の8~12才にみられ、踵部の足底以外部分で内側や外側、後側などの疼痛を訴えます。この年代の子供達に多いのは、骨の端部が未発達なので、おとなより組織が弱い為です。発生原因は、外傷により突発的に発症したり、スポーツでのオーバーワークが加わり発症します。

診断

セバー病でもレントゲン検査や超音波検査の結果と臨床像とは一致しませんので、剥離画像があっても治ります。(症状を出す組織はレントゲンに写らない為)

治療

セバー病(踵骨骨端炎)を抱える少年は、スポーツに従事しているので、早期の回復を期待しているはずです。医心クリニカルでは、徒手整復療法を使い早期に回復させます。来院の際はサンダルをお持ちください。