コンパートメント症候群 概要と早期回復

前腕、下腿の筋膜で区画させた間隙内の組織圧が上昇し、
神経や筋肉への循環不全が起こり、重篤な機能傷害をきたす疾患です。
原因としては、外傷、スポーツなどによる過度使用、やけど、ギプスや包帯固定などで引き起こされます。

診断

どのように病気を見つけるのか?を参照してください。

治療

コンパートメント症候群は組織の変位現象により、陥った疾患であるので、変位を取ることで除圧し、機能障害を治していきます。