前脛骨筋症候群 原因と早期回復

下腿前方に脛骨、腓骨、骨間膜、筋膜に囲まれた脛骨前筋膜腔があり、この中の圧力が急激に高くなって、循環障害に続いて筋の壊死、神経麻痺などが発症する症候群と現代医学では言われています。原因は急激な馴れない動作、打撲などから変位が生じ上記の様な状態になる可能性があります。

診断

各種検査を行い確定する。(詳しくは、どのように病気を見つけるのか?を参照してください。)

治療

この前脛骨筋症候群は下腿前の内圧が上がってしまっての病気ですので、この原因をとりはぶく為、あらゆる整復法を使い治して行きます。