オスグット病 原因と早期回復

オスグットは10才から15才の男子に多く見られる膝の痛みを主訴とする病気で、原因は脛骨粗面に存在する骨端核が未発達の上に、その部にかかる過度な牽引力によるものと考えられます。活発な発育期の男子に多いのはこのためです。運動時に症状が強く、酷くなると、膝の曲げ伸ばしが出来なくなります。しかし、上記の理由だけでは痛みはでません。痛みの原因は組織が正常に活動しなくなることにより発症します。

診断

すぐにつきますが、このオスグット病も他の組織変位が複合されている場合もありますので注意が必要です。

治療

これらの病気は、成長障害と言われ成長が止まるまで運動は控えるよう言われます。しかし、障害を整復すれば治ります。なぜならこれらの病気は組織の機能異常だからです。

医心クリニカル院長から一言
「これらの病気の為に、スポーツや運動が制限されたり、出来ないのはとても悲しいことです。大事な成長期なのですから、がんばって治しましょう」