鞭打ち症 概要と治療法

むち打ち症の名の由来は首が鞭の様にしなった運動を起すことからこの病名がつきました。別名、外傷性頚部症候群というこのむちうち症は、頭が過伸展し、そして過屈曲がおこり、その結果起きる組織の損傷です。交通事故やスポーツ、その他に日常でも起こりえます。
症状は多種多様で、首の痛み、腕の痛み、背中、胸などの痛み、中には視力減退、頭痛、耳鳴り、動悸など様々な症状が出ることもあります。

診断

各種検査を行い、脊髄損傷、骨折の疑いあるものは、精密検査をしてもらいます。

治療

上記の診断で脊髄損傷や骨折をはぶけば、ほとんどが施術可能です。なぜならば、外力により起きたこの鞭打ち損傷は、組織の損傷による組織の異常が原因だからです。よってその異常な状態を正し、正常な状態にすれば、よくなります。
患者さんにより、様々な場所に、損傷による異常を持っています。とくの交通事故による鞭打ち症は事故の際の角度や日常生活にない外力が加わるので、施術は多種多様になります。