三叉神経痛 とは? その治療法

三叉神経は脳の中の橋と言う場所から出て、三叉神経節を作り、その後眼神経、上顎神経、下顎神経に分かれます。知覚と咀嚼運動をつかさどります。三叉神経痛は原因不明のものと、帯状疱疹、動脈瘤、腫瘍で発生するものとがあります。

診断

三叉神経痛の中で、症候性のものを除外するため、精密検査を受けてもらいます。除外したものの三叉神経痛を徒手整復療法では取り扱います。検査としては、問診、視診、触診、知覚検査、各種の反射テスト、運動異常などを見ていきます。

治療

上部頚椎、胸郭上口、頭蓋をとくに治療対象とし組織異常、動きの異常をとりはぶきます。