鼻炎 (アレルギー性含む) 詳細と治療法

鼻炎は鼻粘膜という組織における炎症とされていて、鼻炎の中でも副鼻腔に起きたものは副鼻腔炎と診断されます。花粉が原因で起きた鼻炎を花粉症といい、アレルギー性鼻炎に分類されます。鼻炎には急性のものと慢性があり、急性鼻炎は鼻汁、鼻閉、くしゃみ、嗄声、咽頭痛、発熱、頭痛、全身倦怠感、食欲不振などの症状を出し、慢性鼻炎は鼻閉、鼻漏、閉鼻声、頭痛、嗅覚障害などの症状を出します。

診断

問診、視診、触診をおこなう。腫瘍、髄膜炎、結核などを除外する為検査をして貰います。

治療

顔面骨を中心に頭蓋骨周囲組織の調整をおこないます。戻りやすい状態であれば、その付近、更に下へとチェックしていきます。

*頭蓋骨が成長しきるまで、吸引による鼻詰りを解消するのは避けた方が言い様に思われます。(なるべく早い時期に鼻をかませることを教えてください)(赤ちゃんでも、なるべく限界まで吸引は避けた方がいいと思います)